人気ランキング掲載中⇒
パパ活記事一覧

パパ活の流行りと傾向|「負け組」から「勝ち組」になるコツ

admin

》パパ活の勝ち組・負け組とトレンドを解説

※[PR]当メディア記事にはPRが含まれる場合があります。

大人のためのセレクトメディア、おとなセレクトです!

パパ活(P活)で失敗しないためには、最新の流行りや傾向のチェックが欠かせません!

何も知らずに飛び込むと、理想の出会いとはかけ離れたパパ活をする羽目に🥲

そして、あっという間に「パパ活弱者」「負け組」になってしまいます。

そうなりたくない方、芋PJ、芋を卒業したい方は、ぜひご覧くださいね👍

パパ活の負け組・弱者・芋ってどんな感じ?

「勝ち組/負け組」「強者/弱者」「芋」なんて言葉はあまり使いたくありませんが、パパ活でもよく使われるので仕方がありませんね。個人的な思いはすっとばして解説します苦笑

パパ活の「負け組」「弱者」「芋」とは、こんな感じです。

◎負け組・弱者・芋なパパ活女子(PJ)

  • 2万円台で大人(1万円台は論外)
  • 安いお手当で長時間拘束
  • 一度きりの単発が多い
  • 数回でフェードアウトされる
  • リピートが少ない
  • ご飯はファミレスか居酒屋
  • やり逃げされた経験あり
  • 今どき花柄ワンピか港区女子系
  • 多数のパパとやりとりして疲弊
  • なかなか会えない

◎負け組・弱者・芋なパパ(P)

  • 茶飯デートばかりでなかなか大人できない
  • 大人の約束をすると逃げられる
  • 塩対応される
  • マグロで1時間
  • 会ってもロクに話を聞いてくれない
  • 相手の都合で呼び出される
  • たくさん買い物させられる

心当たりのある方は、この記事を読んで負け組・弱者・芋を卒業しましょう!

なお、パパ活における芋(イモ)とは「垢ぬけなくてダサい」という意味ですが、今はもっと広がり、ダサいパパ活女子(PJ)やパパ(P)だけでなく、搾取されている人たちも芋PJ芋Pなどと呼ぶようになっています。

2024年最新のパパ活トレンド

2018年あたりから本格的に流行り始めたパパ活は、現在大きく様変わりしています。

2020年からのコロナ禍によってパパ活市場は大きく乱れ、女性が増えすぎたために「安売り」が進みました。しかし2023年後半から正常化してきています。

値崩れは止まりお手当相場は上昇傾向。しかも大人だけでなく健全デートも大切にする流れになっているのです。「安売りしても得はない」と、多くのパパ活女子が失敗から学んだ結果でしょう。

ネットには古い情報が多いですから、間違えないでください。アップ日や更新日が新しくても信用しないようにしましょう。読む記事を選んで最新の事情を知ることが大切です💁‍♂️

①パパ活の二極化が進む

男女とも「勝ち組」「負け組」の二極化が進んでいます。ヒエラルキーがさらに固定化するようになりました。

勝ち組パパ活
(上流パパ活)
・お手当は相場以上
・レストランで食事など、大人以外の上品なデートを大切にする
・相手によってはプレゼントや旅行デートもあり
負け組パパ活
(底辺パパ活)
・お手当は相場よりかなり下がる
・即ホテルが当たり前、喰うか食われるか
・やり逃げ経験あり

負け組パパ活は「底辺パパ活」などとも呼ばれ、一種の社会問題になっています。こちらの記事に詳しいですね。

(参考)ヤリ逃げは日常…「“負け組パパ活女子”」悲惨すぎる実態ルポ(FRIDAY) 

勝ち組パパ活が「本来のパパ活」です。負け組パパ活は、ただの援助〇際でパパ活ではありません。ハッ〇ーメールやワク〇クメールなどの出会い系アプリ・サイトを使うと負け組になりがちなので、パパ活アプリを使いましょう。

⇒「出会い系サイト(出会い系アプリ)」って何?という方はこちら

ラブアン
(Love&)
・動画で選べる
・若い女性に人気
・会員の質が高い
・コスパが良い
・3日間お試しあり
女性は無料
男性は1か月プラン
⇒5,980円
ペイターズ
(paters)
・高級志向
・機能が充実
・富裕層・美女が多い
・お手当高め
・会員ランクあり
女性は無料
男性は1か月プラン
⇒12,000円
シュガーダディ(SugarDaddy)・一番の老舗
・固定ファンが多い
・機能がシンプル
・Webサイトのみ
・すぐ大人に最適
女性は無料
男性は1か月プラン
⇒8,000円
安全に質の高いお相手を探したいなら「パパ活アプリ」が断トツおすすめ。人気・会員数・会員の質がトップの三大アプリ、ラブアン、ペイターズ、シュガーダディを使いましょう👍

②パパ活のカジュアル化

二極化とは別に、全体としてパパ活のカジュアル化(一般化)が進んでいます

パパ活がいっそう当たり前のことになってきました。女子同士では、パパ活の話題はオープンになっているとのこと。自分がしていることも隠さないそうです😂

だから「午後は講義がないからパパと会う」「今日の会社帰りはパパとデート」などが普通の会話に出てくるとか。

若い女性は「お小遣いありで年上男性とデートしているだけ」というカジュアルな感覚になっているのです。

もちろん負け組パパ活は売〇と変わらない後ろ暗さがあるため隠すのが一般的です。オープンにできるのは勝ち組パパ活だけ。

そして、さすがに大人の有無は言わず、暗黙の了解になっています。

③「無理しないパパ活」の増加

パパ活のカジュアル化と関連しますが「会いたくなければ会わない」「嫌なことはしない」といった、無理をしないパパ活が進んでいます

パパ不足は今も続き、良いパパ探しは苦労するようですが、女性の方も以前のような切迫感がなくなり、余裕をもって「いいパパを見つける」「楽しくパパ活する」という流れになっているのです。

コロナ禍のときは、生活がかかっていた女性が多くて切迫感があり、それにつけ込む男性がたくさんいました。その後もしばらく当時の影響が続いていましたが、「無理してでもパパを見つける」流れがようやく終わりつつあります。

現在、焦って無理している女性は「情報が不足している」「生活が苦しい」「ホストやメン地下(メンズ地下アイドル)にはまっている」といったタイプが多いです。

多くの女性は、賢くゆるく、カジュアルにパパ活をするようになっています。その方がいい男性がつかまりますし。

④多様な男性の参入

パパ活の一般化によりパパ活する男性の変化も進んでいます。非常に多様な男性がパパ活をするようになっているのです。

コロナ禍以前は一部のリッチな男性が中心でしたが、コロナ禍によりそれほど収入の多くない一般男性が増えました。現在は低所得の男性も増えて、年収600万円以上なら普通と言えるほどです。

また、年齢構成も多様化し、20代・30代の男性(兄活)、60代・70代の男性(ジジ活)も増えています。

既婚者だけでなく独身も増え、一種の彼女替わりにする男性も登場しています。一部はそのまま本当の恋愛関係に移行することもあるようです。

パパ活から恋愛に発展することはある?相手を好きになってしまったら?

目的にも変化があり、リッチな男性以外にも「健全デート」が広がっています。健全デートとは、大人(セックス)をしないデートのことです。全くしない関係もありますし、毎回はしないという関係もあります。

低所得の男性だと即ホテルというイメージがあると思いますが、パパ活アプリではそうでもなくなってきています。ただし、出会い系は現在も即ホです。

勝ち組パパ活の最新トレンド

勝ち組のパパ活(言ってみれば本来のパパ活)は今こんな感じ!😊というのをまとめました。

①長めのお付き合いがトレンド

コロナ禍で荒れたパパ活暗黒時代(2020年~2023年夏くらい)は、短期の交際が主流になっていました。1回会って終わりというケースも多々。最悪のケースは1回会って即ホテルでリピートなし。そんなパパ活を繰り返す男性が多かったですし、女性もそれを仕方ないととらえる傾向がありました。

しかし、昨年後半から短期の交際は廃れ始め、お互い満足いく相手を見つけて、信頼関係を作り、長期間お付き合いするスタイルが主流になりつつあります。

これが本来のスタイルですよね(数人同時並行はアリです笑)。

②デートを楽しんだ後に大人というスタイルが増えている

パパ活暗黒時代は「大人」ばかりクローズアップされ、「大人、大人」ばかり言う男性が多かったですが、今は食事や外出などの健全デートも楽しむパパ活がトレンドになっています。

よく考えたら風〇じゃないんですから「いきなり大人」「大人のみ」はおかしいですよね。大人だけの関係はパパ活ではなく援助〇際でしょう。

③趣味デートやお出かけデートが流行している

パパ活デートといえば食事やお酒が中心で、リッチな男性なら買い物やリゾート地への旅行が加わるというスタイルでした。

しかし近年は、日帰りドライブやアミューズメント施設(ディズニーやUSJなど)、ゴルフなどに一緒に行くお出かけデートが増えてきています

さらに最近は、ニッチな趣味で繋がるパパ活も急増中。例えば、ゲーム、釣り、マリンスポーツ、麻雀、鉄道、アニメ、音楽などで繋がり、オフに一緒に趣味を楽しむ仲間でもありながらパパ活関係でもあるというスタイルです。

男性からすれば若い女性と一緒に趣味活ができて、デートもできるので一石二鳥ですよね。また、女性も好きな活動なので、付き合わされ感がなく楽しいデートになります。

④食事デート1万円以上、大人デートは最低3万円

コロナ禍以降のパパ活暗黒時代には、食事デートはお手当なし(食事代のみ)、大人は2万円なんて相場も横行していました。

現在は食事デート1万円以上、大人デートは3万円以上に戻りつつあります。安いと思うパパ活女子もいるかもしれませんが、最低ラインです。上限は変わらず、リッチなパパに出会えれば食事で2万円以上、大人で5万円以上も可能です。

パパ活暗黒時代のスタイル(負け組パパ活)は現在、ハッ〇ーメール、ワク〇クメールなどの出会い系サイト・アプリに限定される方向になっています。

即ホテルが多くても3万円以上なら負け組ではないかもしれません。「効率が良い」という意見もあります。しかし、2万円を切るなら「負け組」「底辺」と言ってよいでしょう。

この負け組界隈は、2022年くらいからシングルマザー(シンママ)の参入によってさらに値崩れを起こしています。パパ活女子も多様化していて、シンママや主婦などの既婚女性、40代なども続々と参入中です。若い女性は巻き込まれないようにしましょう。

出会い系アプリを中心に大人15,000円もよくある相場になっています。新宿の大久保公園のような立ち〇ぼ女子の影響を受けて、1万円を切る事態も発生しているほどです。こちらは別世界と考えてください。

パパ活の服装・スタイルの最新トレンド

①花柄ワンピはもうダサい

2年前まではパパ活の王道だった花柄ワンピは、もうダサいです。

良いパパと出会いたければ、自分が好きな格好をしましょう。ネットの情報を鵜呑みにしてパパ受けを狙わず、本来の自分で勝負する方が良いパパに好まれるようになっています。特に上質なパパはそうです。

自分の好きな系統で、ちょっと大人めの服装にしましょう。いつもの格好がカジュアルすぎるなら、アナウンサー系が無難です。

アナウンサー系は、下記のInstagramなどをチェックしてみてください。例えばフジテレビの井上清華さんや日テレの郡司恭子さんなどが参考になるでしょう。

announcer_japan(@announcer_japan_) • Instagram写真と動画

井上アナ✨ #井上清華 #可愛い #カワイイ #漂亮 #めざましテレビ | Instagram

郡司アナ夏らしいこと🌻 足湯…ならぬ足水??でひんやり| Instagram

このほかギャル系が復活の兆しを見せているので、ギャルスタイルにするのもパパの目を引くかもしれません。

②港区女子はとっくに古い

港区女子系とは、高級ブランド中心で、セクシー&あざといスタイルをいいます。童貞を殺すニットワンピが有名ですね。しかしコロナ禍前のパパ活女子は港区女子系が一種のトレンドでしたが、もう前時代のスタイルです。港区女子系は、悪口に近い言葉になっています。

③病み系女子のイメージは急速に悪化中

病み系(ぴえん系)は一部でまだ人気がありますが、底辺の印象が強いです。歌舞伎町などでホストに多額の借金を背負い(売掛払い)、風〇や立ち〇ぼをさせられている女子に病み系が多く、2023年に社会問題化してイメージが非常に悪くなりました。

紹介した花柄ワンピ、港区女子、病み系女子は「負け組」「芋」になりやすいので注意しましょう。

負け組・底辺に堕ちないためには?

①自分なりの基準を明確にする

自分は何がしたいのか」「どこまでならできるのか」という目的や基準を自分のなかではっきり持つことが重要です。

無理に相手に合わせず、余裕をもって構えましょう。目的や基準が合わなければ、パパ活する必要はありません

軸がぶれると、不本意なパパ活をすることになり、やがてそれに慣れて闇落ちします。自分を見失い、気が付いたら底辺に…ということになりがちです。

女性だけでなく、男性も同様になります。「いくら使ってどこまでもっていきたいのか」を明確にしましょう。

②焦らない・安売りしない

パパ活市場は男性が足りない状態です。また、男性でも年齢などの条件によっては相手が見つかりにくいケースがあるでしょう。

しかし、お相手がなかなか見つからなくても焦らないことが重要です。自分の基準に合わないことをする必要はありません。

特に女性の場合、自分を安売りするのはやめましょう。

③素の自分で勝負・自分らしさを売りに

パパが好む自分を演じようとすると長続きしません。お相手にもすぐに飽きられるでしょう。また、パパ活に慣れた男性には演じているのがバレバレなので舐められます。

最近は「いかにもパパ活女子」というスタイルを作らず、素の自分のままお相手を探す傾向になっていて、その方がパパに好まれます。ウソの自分を作るより、自分らしさを売りにした方が良いパパが見つかるでしょう。

男性の場合は「お金」が最も重要になるので飾る必要はありませんが、丁寧で紳士的な対応が必要です。

④今までの生活を保つ・崩さない

女性の場合、パパ活でお金をたくさん貰っても今までの生活を崩さないようにしましょう。贅沢に慣れると、そのあと苦労します。いつまでもパパ活を続けることはできません。パパ活女子の末路などと話題になりますが、間違ってもホストなどにはまらないようにしてください。学業や仕事はきちんと続けましょう

男性の場合は「モテる」と勘違いしないことが重要です。お金でモテているだけなので、そのあたりは冷静に。勘違いすると、日常場面での女性とのやり取りで傲慢さが出てしまいますし、既婚者の場合は家庭不和の原因にもなります。また、金銭的に無理をしないこと、仕事や家庭での役割をきちんと果たすことが重要です。

⑤パパ活アプリを利用する

「あまり可愛くない子でもいいからすぐにホテルに行きたい」

「1万円、2万円ずつでいいから体を張ってお金を稼ぎたい」

という方なら出会い系サイト・アプリでのパパ活(本当は援助〇際ですが…)が向いています。しかし、人間関係やデートを重視した本来のパパ活をしたいなら、パパ活アプリかデート倶楽部を使いましょう。

最初は手軽に利用できて安全性も高いパパ活アプリがおすすめです。デート倶楽部はリッチすぎる男性も多いので、慣れていないと難しい部分もあります。

おすすめのアプリは、ラブアン(Love&)、ペイターズ(paters)、シュガーダディ(SugarDaddy)の3つです。人気も会員数もトップ3の王道アプリ。ぜひ試してみてください。女性は完全無料、男性も登録だけなら無料です。

人気度 No.1 LOVE&(ラブアン)

LOVE&(ラブアン)は若い女性に人気が高いパパ活アプリです。会員数が多くやりとりも盛んなので、希望の相手をすぐに見つけやすい特徴があります。

またLOVE&(ラブアン)は「会員の質が高い」と評判です。確かに使ってみると、他のパパ活アプリより「いい人が多い」「ギスギスしていない」「治安が良い」印象を受けます。24時間監視など運営のセキュリティもしっかりしているので、安心して使えます。

大手アプリのなかでは断トツにリーズナブルな料金設定(月額 5,980円~)なので、男性にはうれしいところです。さらに、他のアプリにはない「3日間600円のお試しプラン」もあるので安心して始められます。

もう一つ男性にうれしいポイントは、女性を動画で確認できて失敗が少ないことでしょう。プロフィール動画といえば LOVE&(ラブアン)と言われるほど、プロフに動画をアップしている女性が多いのです。

パパ活女性なら必ず入れるというほど人気なので、パパ活を始めたいなら LOVE&(ラブアン)を使えばまず間違いないといえるでしょう。
◎基本情報
運営会社:株式会社Blueborn
運営歴:2019年3月サービス開始
基本料金:女性は無料
     1か月プラン   5,980円 
     3か月プラン 14,940円(4,980円/月)
           12か月プラン   47,760円(3,980円/月)
実際に異性の写真を見てみよう
人気度 No.2 paters(ペイターズ)

paters(ペイターズ)も会員数が多くて人気の王道アプリです。略称は「ペイタ」。

高品質で多機能が特徴で、日付を指定してデート相手を募集できる「日付でデート」、男性が今すぐ会える女性を募集できる「今すぐデート」、女性がライブ配信して投げ銭で稼げるサービスなど、実に様々な機能があります。

paters(ペイターズ)のもう一つの特徴は超リッチな男性が多いこと。もともとパパ活アプリのなかで最も高額な料金設定で(月額 12,000円~)、しかもゴールド会員やVIP会員という上位ランクの会員種別があり、超リッチな男性と出会いたい女性には特におすすめのアプリです。年収5000万円以上はざらにいます。

VIP会員は専用のコンシェルジュサービスがあり、特別のラグジュアリーな会員制パーティーも用意されています。

高級なパパ活を楽しみたいなら、ぜひおすすめのアプリです。お手当の平均額も他のアプリより少し高めになっています。

もちろん一般の男性会員、普通のパパ活女子もたくさんいますから、ほのぼのとしたパパ活も楽しめますよ。
◎基本情報
運営会社:株式会社amica
運営歴:2017年6月サービス開始
基本料金:女性は無料
     1か月プラン 12,000円
      3か月プラン 29,800円(9,933円/月)
      6か月プラン 54,800円(9,133円/月)
     12かプラン     84,800円(7,067円/月)
    ※ゴールド会員は月額約1万円、VIP会員は月額3万円上乗せ
実際に異性の写真を見てみよう
人気度 No.3 SugarDaddy(シュガーダディ)

SugarDaddy(シュガーダディ)は日本で最初にパパ活マッチングサービスを始めた老舗です。アプリはなく、Webブラウザを使うサイトサービスだけなので正確にいえばパパ活サイトなのですが、ここではパパ活アプリとよびます。

SugarDaddy(シュガーダディ)の特徴は、
①歴史が古いために累計会員数が最も多いこと
②大人(エッチ)に特化したパパ活アプリであること
③操作が非常にシンプルなこと
の3点です。

累計会員数でいえば、人気1位のラブアン、2位のペイターズよりも多いです。アクティブユーザー数も上位2つのアプリと遜色なく、たくさんの相手から選ぶことができます。

SugarDaddy(シュガーダディ)は「大人の出会い目的の男女が多い」ことで評判です。歴史が古いのでパパ活慣れた会員が集まっているため、操作がシンプルでマッチング機能がなく誰にでもすぐにメッセージを送ることができるため、などが理由でしょう。

話が早く進むので、一部の男性ユーザーにはうれしい特徴かもしれません。
ただし最近は、以前よりも健全デートの割合が増えてきた印象はあります。

機能が少なく、検索と掲示板、メッセージ機能だけなので、初心者でも非常に使いやすいです。
◎基本情報
運営会社:シナプスコンサルティング株式会社
運営歴:2015年サービス開始
基本料金:女性は無料
     1か月プラン    8,000円
      3か月プラン 22,500円(7,500円/月)
      6か月プラン 42,000円(7,000円/月)
      12か月プラン  72,000円(6,000円/月)
実際に異性の写真を見てみよう

皆さん、ベストなセレクトをして、パパ活で「負け組」や「芋」にならないようにしましょうね! 特に女性は「2万円くらいが当たり前」「相場は下がっている」などの情報を鵜吞みにしないようにしましょう🧐

Ⓒおとなセレクト編集部
本記事内容の一切の無断転載・引用を禁じます。詳しくはこちらをご覧ください

ABOUT ME
おとセレ管理人
おとセレ管理人
編集長さいおんじ
おとなセレクト編集部はキャリア経験や人生経験が豊富な、30~40代の大人5人のチームです。本業は編集者、ライター、Webディレクター、マーケターなど様々。趣味や学び、遊びを尽くした人間ばかりになります。そこで、自分たちの経験を活かして大人のための情報セレクトメディアを作りたいと活動を始めました。すべて自分たちの体験から得たリアリティあふれる情報ばかり。チャットGPTやAIロボットには書けない記事をお届けします!
記事URLをコピーしました